格安な航空券のいいところとイマイチなところ

- 格安な航空券のいいところとイマイチなところ

格安な航空券のいいところとイマイチなところ

国内旅行をしようと思って移動手段はどうするか?今は飛行機がお安くいけますね。数年前から飛行機の価格に革命が起こりました。それからいろんな新しいサービスが登場して利用する側にとってはとてもいいことだらけです。そんないいことをさらに良くするために知っておくと便利なことです。

格安航空券の良いところはこれですね

もう知らない人の方が少ない格安航空券のことです。

格安航空券という言葉を聞いたことがないという人はもしかしたら国内にはもういないかもしれません。それほど話題の航空券ですね。なによりも良い所といえば、安いということですね。とにかく安いです。価格は本当なのか?と思うくらい安いものになっています。通常の航空券の半額以下なんてあたりまえです。

早いうちに予約するとさらに安くなります。ネットで検索して予定の日程を入力しさがしてみると、出発までに1ヶ月以上期間があるときなど安くなります。さらに平日ですともっと安くなっています。とにかく安いという印象しかありません。安すぎて詐欺ではないか?とか思うくらい安い表示価格です。

実際に表示されている価格にいろいろとついて最終的な金額になりますが、それでも安いものです。格安航空券を扱う航空会社以外とは比べものにならないくらいの価格になっています。本当に驚きます。これが、一番の良いところです。

なんでも、やはりデメリットがありますね

とにかく安い。というメリットの裏にはデメリットが存在します。そんなデメリットとは一番に「融通がきかない。」ということです。安い分変更ができません。キャンセルもできません。自由がきかないのです。

例えば、席を自分で指定することはできるのですが、座席の指定で別途料金がかかります。ほかには、荷物の預かりに費用がかかることがあります。1つ預けるごとに料金がかかります。そして機内での無料で飲めたドリンクやお菓子などのサービスは全て有料になります。しかし、ここは料金を支払えば問題ありません。

ここからが、デメリットといえることになります。価格が安いぶん不便ということです。たとえば、飛行機に乗るまで相当時間がかかることがあります。検査場から乗り口までとても遠いので時間に余裕をもっておかないといけません。さらに到着した時も出口まで遠いので相当時間がかかることもあります。

要するに、価格をおさえるために普段利用していない場所を使うことで格安で提供ができるようになっています。ですから、ここに怒ってはいけません。不便だなどと言って文句をいうのは間違いになります。だから安いわけで、それが嫌ななら使わないことなのです。